マンション売却を行い注文住宅に住み替え

住んでいるマンションを売却し、注文住宅への住み替えを検討する方も多いでしょう。マンションの売却を行い、一戸建てへの住替えを進めるには、残債の確認など煩雑な手続きが必要となっていきます。

ここでは、マンションの売却に関して必要な手続きから、注文住宅への住替えを実現するまでの一連の流れを説明していきます。

住宅ローンを完済しないとマンションは売却できない

住んでいるマンションの売却を行い、新居の購入を検討するにも、今住んでいるマンションの残債が完済できなければ、住み替えを行うことはできません。長く住んでいると、自宅のマンションのローンの残高が分からなくなっているケースも多いものです。

マンションの売却を済ませ、新居の購入を検討する際には、事前にローンの残高を調べていくことから始めましょう。マンションを購入した際に不動産会社から渡された返済予定表を見ていけば、残債がいくらになるかが分かります。

→マンションを売却するときに不動産会社を選ぶコツ

いくらで売却できるかの査定を実施

マンションのローン残高が把握できたとしても、実際にいくらで売却ができるかが分からなくては、住み替えの検討も進まないものです。売却益によって、自分が抱えるローン残高が相殺できるのであれば良いですが、足りない場合には、金融機関から別途借り入れを行うことを検討しなくてはいけなくなります。

新居の検討をする前に、今の自宅をどの程度の金額で売却できるかの検討を済ませるように心がけましょう。

売却予定のマンションの査定方法

売却予定の自宅マンションの査定を考えても、実際にどのような形で進めれば良いかイメージできない方も少なくありません。自宅マンションがどの程度で売れるかの査定をするには、一括査定サイトを活用するのが良いでしょう。

簡単な物件情報を入力するだけで、複数社からの査定を受けることを可能にするのが、一括査定サイトを利用することのメリットです。仕事などで忙しく、時間が取れない方であっても、時間を掛けることなく、多くの不動産会社から査定を受けられます。

住み替えローンを活用すれば残債があっても売却は可能

売却予定のマンションの査定金額が残債を下回る場合には、売却を諦めてしまうケースも有り得るでしょう。住み替えローンを活用すれば、自宅マンションの売却益で残債の相殺ができない場合でも、新居の購入の検討を進めることが可能になります。

住宅ローンの場合は、通常は物件価格を超えて資金融資を受けることはできないものですが、住み替えローンを活用することで、自宅の残債が残っていたとしても、新居の購入が可能です。自宅マンションを売却した価格で残債の相殺が難しい場合には、住み替えローンを活用して新居の購入を検討するのも良いでしょう。

高値のマンション売却を実現するコツ

マンションの売却を進める方は、少しでも高く売却を実現したいと考えるのが普通でしょう。自分の所有しているマンションがどの程度で売却できるかは、一括査定サイトを利用することで把握できるものですが、取引する会社を選んだ後に、当初の査定金額より下がってしまうケースも有り得ます。

一括査定サイトを利用することで、複数社から査定金額を受け取り、高値の査定を頂いた業者に取引を申し出ていっても、内覧を受けたタイミングで当初の査定金額より下がってしまうことはあるのです。取引する不動産会社が決まり、内覧を受ける日程が決まった場合には、空いている時間に清掃などを行い、少しでも担当者の心象を良くすることを心がけていきましょう。


内覧時に不動産会社が見るポイント

不動産会社が内覧をする際に見るべきポイントには、リビングが挙げられます。日々の生活を送る憩いの空間であるリビングは、買い手を探す際の重要なポイントです。売却の予定が決まったら、余分なものを処分したり、床を清掃したりするなどして、可能な限り綺麗に仕上げましょう。

リビング以外に、不動産会社の担当者が気にするポイントに、バルコニーやキッチンが挙げられます。広々としたバルコニーがあるマンションであれば、買い手の印象も良くなります。同様に、毎日の料理で使うキッチンも内覧時の重要ポイントです。

油汚れやサビなどが目立つ場合は、綺麗に磨いておきましょう。

管理組合に入っている場合

マンションの売却を検討する方の中には、所有するマンションの棟が実施する管理組合に属している方もいるでしょう。マンションの売却が決定した際には、決済完了後に管理組合へ脱退の意思表示をすることが大切です。管理組合への脱退の報告を怠ると、管理費や修繕費の引き落としが続いてしまいます。

売却の決済が済んだタイミングで、すぐに管理組合の脱退の手続きを進めていきましょう。

→マンションの管理組合について売却時に知っておきたいこと

売却に掛かる諸費用

マンション売却にかかる諸費用を先に把握しておくことも大切です。仲介形式でマンションの売却の際には、売却価格に対して3パーセントの手数料が掛かります。売却額が高額になるほど、仲介時にかかる手数料も大きくなるため注意が必要です。

仲介手数料以外にかかる費用には、印紙税や抵当権の抹消に掛かる費用が挙げられます。契約書に貼る印紙代とローンの抵当権を抹消するためにかかる費用をあわせ、一万円程度の費用を見込んでおいたほうが良いでしょう。

また、売却に関する諸費用を検討する際に見落としがちなのが、一括返済の際に金融機関へ支払う手数料です。平均して二万円程度は掛かると見込んでおきましょう。

注文住宅の種類

マンションの売却を行い、注文住宅への転居を考えるにも、実際にどのような建物を購入するかイメージできない方もいるでしょう。分譲住宅とは違い、注文住宅の場合は、全てをオーダーメイドで建てることができるフルオーダー住宅と、基本的な仕様が決まっているセミオーダー住宅があります。

フルオーダー住宅の場合は、自分で自由にイメージして住宅を建てることができますが、その分、時間や予算も掛かっていくのも実情です。外壁やトイレ、キッチンなど、部分的な拘りを持ちたい場合には、セミオーダー住宅の購入を検討するのも良いでしょう。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、自分で予算を調整できる点にあります。マンションの売却時に残債が残っていて、新しく注文住宅を購入するにも、あまり多くのローンを抱えるのが難しいような場合には、新しく建てる注文住宅の予算を自分で調整することが可能です。

注文住宅の設計の中から、自分なりに削れる部分を考え、予算の範囲に収めていけるのが、注文住宅のメリットです。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、分譲住宅とは違い、入居できるまで時間がかかる点にあります。フルオーダーの注文住宅を建てる場合には、マンションの買い手に引き渡しを行うのと同時に住み替えを行うのが難しい場合も珍しくはありません。

マンションの売却を行う際に事情を買い手に説明し、引き渡し日時の調整を進めておくおとも大切です。

注文住宅のイメージ作りも重要

注文住宅を建てる場合には、自分の中でイメージ作りを進めておきましょう。不動産会社の方でカタログを提示してくれますが、事前に自分の中で、新しい住宅に対してのイメージを固めておいたほうが良いです。インターネット上にある注文住宅のカタログサービスなどを利用していけば、事前に自分なりに注文住宅のイメージを固めることができます。